中野りさエッセイメモリアル第2話

目次

中野りさメモリアル~第2話~

ライバー活動を行う中野りさの連載エッセイ。毎週土曜日更新。

今月は「ライバーになったきっかけ」をテーマに書いてもらいました。

ライバーとして生きる彼女の等身大ストーリーを読んでみてください。

MODECON予選期間中

配信初日

何を準備したらいいかもわからず

「枠回り」という言葉も知らなかったから

ファンも0人


無装備丸腰で配信を始めた

偶然にも入室してくれたリスナーさんに挨拶するだけの空間


会話が続かず無音になり・・・

今思えば「貧相な配信」だったな、と思う


耐えきれずに1時間で終えたミクチャ初配信は今でも苦い思い出だ


そんな中、公式LINEから「初日2時間は配信しましょう」のアナウンス


しぶしぶ再開し、もう1時間配信をつけた


そこで優しいリスナーさんに見つけてもらい、ミクチャのことを教わる


ミクチャの機能、アイテムのこと、枠周りの文化、など1から教えてもらった

1人1人のリスナーさんと向き合って配信していくと、1人、1人とファンが増えていく


ファンが増えていくと、ポイントが伸びて順位が上がっていく


いつの間にかそれが楽しくなっていった


気づいたら初日50位から始まった配信

セミファイナル中盤には10位前後にまで上がっていた

ダイエットと同じで中盤になってつまずく配信

枠回りの行先に困り

ツイッターRT数が伸びずに悩み

時折リスナーさんからの心無いコメントにも涙を流した

それでも、自分にできる枠回りをし、

ツイッターの宣伝をし、

とにかく夜中まで毎日6時間以上配信をつけた

毎日配信に駆けつけてくれて、

支えてくれたリスナーさんのおかげで

セミファイナルは最終的に1位を獲得、幕を閉じた

第3話

中野りさ(なかの りさ)

宮崎県出身/愛知県在住/ライバーズ所属

ライバー兼被写体モデルとして活動中

MODECON東海AWグランプリ/雑誌bis誌面掲載

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次