良い睡眠で美肌を守ろう

配信アプリはいつ開いても、誰かしらが配信しているのが魅力のひとつですよね。配信しているライバーにとって、長時間配信や深夜の配信をすることもあります。実際『24時間配信』などを視聴すると、「頑張っているな!」と応援したくなります。
学校や仕事と両立していると、どうしても深夜になるというライバーもいると思います。

しかし、配信のために睡眠を削って体調を崩す、お肌の調子を悪くする…なんてことがあっては、せっかくの配信が辛いものになってしまうことも…睡眠不足は美容の大敵!とも言われていますね。

そこで今回は、寝不足になりがちなライバーにも役立つ眠りの方法についてお伝えします。

眠りが美容に役立つ理由

子どもの頃には「寝る子は育つ」と言われ、これにもちゃんと根拠があります。寝ている間に“成長ホルモン”が分泌されることから、このように言われるようになりました。そして、この“成長ホルモン”は大人になっても、皮膚の修復・再生などの役割を担ってくれています。

美容のためにも『睡眠』をとることは、大切なことなんです!
近年では睡眠の“時間の長さ”より“質”が注目されるようになってきました。

大人になると、仕事などの関係で睡眠時間は人それぞれになってきますよね。それは、配信者も同じ。いろいろな時間に配信したり、長時間配信に挑戦してみたり…でも、配信を頑張り過ぎて「お肌が荒れちゃった」ということは避けたい!

そこで、現代社会では『忙しい生活の中でいかに「良い睡眠」をとるのか?』ということが、重要になってきます。

睡眠のゴールデンタイムは《22時~2時》の常識を覆す

多くの女性にはすでに常識となっている「睡眠のゴールデンタイム」。22時~2時の間に成長ホルモンの分泌が活発になることから、美容のためには、その時間には寝ていましょう。と言われる時間帯のことです。

しかし、近年ではその時間帯については多くの研究により否定されることになりました。
それでは、本当の「睡眠のゴールデンタイム」とはいつなのか!?気になりませんか?
これを知っているのと知らないのとでは、これからのお肌のコンディションが変わってきますよ!

眠っている間、人はレム睡眠と言われる浅い眠りと、ノンレム睡眠と言われる深い眠りをおおよそ90分間隔で繰り返して朝を迎えます。そしてこのノンレム睡眠の深さは眠り始めが最も深くなります。先ほどお話しした、お肌の再生に一役買っている“成長ホルモン”は、このノンレム睡眠の時に分泌され、寝始めから30分頃に最大になります。

このことから、美肌には眠りについてから3時間(ノンレム睡眠2回分ほど)を大切にすると良いと言われています。
つまり、何時に寝るかよりもどれだけ深い睡眠をとれるか…ということがキーポイントになってきますね!

寝不足の時のパフォーマンスを保つ昼寝の仕方

夢に向かって配信を続けるライバーは、特に『ガチイベ』と言われる、上位に入りたい!と強く思うイベントの期間はどうしても無理をしてしまうことがあると思います。

眠いけれど、配信もしたい…
そんな時!寝不足中にも少しだけ昼寝をすることで、配信でパフォーマンスを上げることができます!

<上手な昼寝の仕方>
①寝る前にカフェインを摂る
 →寝てからカフェインが効いて来て起きやすくなる
②時間の目安は20分くらい
 →昼寝が長くなると深い眠りになって起きられなくなる
眠気を我慢するよりも、これらのポイントを守って昼寝を取り入れることで頭がスッキリして元気に配信できるようになります。

質の良い睡眠のために取り入れたいこと

質の良い睡眠をとるためには、常に気を配ることが多くありますが、今回は普段の生活にプラスαで簡単に取り入れられることをお伝えします。

・朝食にたんぱく質を摂る
・日中に太陽の光を浴びる
・普段から適度な運動
・寝る前に入浴をする
・寝る1時間前くらいからは目からの情報を入れない
・寝る直前のアルコールは控える
できることからやってみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
今まで常識とされていた「睡眠のゴールデンタイム」の新常識…

「睡眠のゴールデンタイム」は寝始めから3時間

22時には寝られなくても、大丈夫!ということで安心された方も多いのではないでしょうか?
私たちが生きている間、約1/3は睡眠の時間。この時間をいかに有効に使うかどうかで起きている時間のパフォーマンスが変わります。

「質の良い睡眠」のためには今回ご紹介した他にも、いろいろなコツがあります。
近年では、スマホのアプリで自分の睡眠サイクルを測れるものも出ているので自分の睡眠を知るのに活用してみてもいいですね。

睡眠を味方について、楽しいライバー生活を目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です