長いライブ配信でもメイク崩れさせたくない!メイク落ちを防ぐ方法

長いライブ配信でもメイクを崩れさせたくない!メイク落ちを防ぐ方法

ライブ配信のときはカメラ通して自分の顔が映るので、実際に人に会うよりはメイクが崩れていても相手に伝わりにくいものです。

 

しかし、下まつげのマスカラが落ちてしまったり、皮脂によって顔全体がテカテカになってしまったりなど、ひどくメイクが崩れてしまうと視聴者に気づかれてしまう可能性があります。

 

せっかくの配信でメイクが崩れた「残念顔」を視聴者には見せたくないですよね・・・。

 

今回はライブ配信の時間が長くなっても、できる限りメイクを崩れさせない方法を4つ紹介するので、元気に楽しくライブ配信するためにぜひ参考にしてくださいね!

ライブ配信が長くなっても安心!メイク落ちを防ぐ4つの方法

どんなにていねいにメイクをしても、夜にメイクオフするまで少しも崩れさせないことは不可能です。

 

しかしメイクするアイテムを工夫すれば、1時間以上の長いライブ配信でも視聴者が気づいてしまうようなメイク崩れは防げます。

 

とはいえ、ライブ配信の経験がまだ少ない人は、どうやって対処をしたらいいかわかりませんよね。

 

ここからおすすめの方法を4つ紹介するので、できそうなものがあれば一つでも多くトライしてみましょう!

1.ヨレにくいベースアイテムを使う

ひと昔前までは、どのメイクアイテムも化粧崩れしやすかったので、こまめにメイク直しをするのが一般的でした。しかし、今ではメイク崩れ防止機能が備わったコスメがたくさんあります。

可能なら全てのコスメをヨレにくいものに変えたほうがいいですが、難しければベースメイクに使うコスメだけでもOK。メイクは土台をしっかり作り上げておくことで、上から重ねるチークやハイライトなどの持ちもアップさせてくれるのです。

最低でもメイク崩れ防止機能があるものに変えておきたいアイテムは、

・日焼け止め

・化粧下地

・ファンデーション

・フェイスパウダー

4種類

そのほか、余裕があればマスカラもウォータープルーフのものにしておくと、汗をかいたり涙を流してしまったりしたときに「パンダ目」になるのを防げます

2.小鼻まわりは特に!皮脂くずれ防止のコスメを使う

最近は「ツヤ肌」がはやっていますから、多少のテカりは気にする必要はありません。

 

しかし、小鼻まわりやおでこ、頬の高い位置が皮脂でテカテカになっていては、さすがに視聴者も「メイク崩れすぎ?」と感じてしまうかも。

 

テカテカ顔になってしまうのを防ぐには、皮脂崩れ防止機能がついたコスメを使う方法がおすすめです。

 

皮脂を崩れにくくする機能があるコスメは、化粧下地などのベースメイクのほかに、気になる部分にだけ塗れるベースメイクアイテムもあります。テカりやすい人はいろいろなアイテムを試してみて自分に合うものを見つけましょう。

3.最後にメイクキープスプレーを使って崩れをブロック

メイクがヨレにくいベースメイクをしてテカらせない対策もしたら、最後にメイクキープスプレーを使ってメイク崩れをブロックしましょう。

 

メイクキープスプレーとは、スプレー状になった液体を顔全体にスプレーすることで、皮脂や汗、こすれなどによってメイクが崩れるのを防いでくれるアイテムのことです。

 

メイクが完成した直後にスプレーすれば、半日程度は効果が続いてくれます。これなら1時間以上のライブ配信でもメイク崩れを気になくて済むはず。

4.夏場は部屋の温度にも注意して

汗をかきやすい夏場は、ライブ配信を行う部屋の温度にも注意しましょう。

 

メイクを崩れさせない対策をしっかりやっていても、ダラダラと流れ落ちるほど汗をかいてしまっては、誰でもメイクをきれいな状態にはキープできません。

 

そのため、できるだけ汗をかかないよう快適な室温にしたり、必要以上に厚着をしないなどの対策も忘れずに行っておいてくださいね。

しっかり対策したのにメイクが崩れてる・・・そんなときはどうしたらいい?

どんなにきちんと対策をしてメイクが崩れないように注意していても、ライブ配信が終了するまで「絶対に」メイクが崩れないという保証は残念ながらないのです。

ではもし、ライブ配信の途中でメイク崩れに気づいてしまったら、どのように対処したらいいのでしょうか?

一つは、できるだけカメラに近づかないことです。当然ですが、カメラに近づいて顔がアップで写ると、細かい部分まで見えてしまうので視聴者にメイク崩れがバレてしまう可能性が上がってしまいます。

 

しかし、極端に後ろに下がってしまうと視聴者が不審に思ってしまうので注意。スマホなら、カメラから30cm以上は離れないほうがよいでしょう。

 

二つ目はメイク崩れを気にせず、いつもどおり楽しく配信を続けることです。初めに説明をしたとおり、多少のメイク崩れならカメラ越しでは気づかない場合がほとんど。メイク崩れが気になっていたのは「実は自分だけ」ということも決して少なくないのです。

 

それよりもメイクが崩れていることでテンションが下がり、楽しく配信できないほうがあなたにとってはデメリットのはず。ちょっとぐらいの崩れなら、気にせずライブ配信を楽しみましょう!

まとめ

30分程度のライブ配信ならそこまでメイクは崩れませんが、1時間を超える配信となると、汗や皮脂などでどうしてもメイクは崩れやすくなってしまいます。

 

マスカラで目元が真っ黒になってしまったり、小鼻まわりが目立つほどテカってしまったりするのを防ぐには、メイク崩れ防止機能があるコスメやメイクキープスプレーなどを使って「崩れにくいメイク」を完成させておきましょう!

 

メイク崩れを気にせずライブ配信が楽しめれば、あなたの魅力はさらにアップして視聴者の数はどんどん増えていくでしょう。